敷き鉄板へのカパラグリップの「塗工見学会」

兼ねてより取扱代理店の皆様には、ご案内しておりました工事現場用の敷き鉄板へのカパラグリップの「塗工見学会」が昨日、建設工事用仮設資材等のレンタルを行う「株式会社サイト」さんにて開催されました。遠方からの参加も多数あり皆さん熱心に見学をされて行かれました。

株式会社サイト 浜松市西区伊左地町2790-1
https://www.your-site.co.jp/index.php
【1】新品の鉄板の場合は、まずは油分を徹底的に除去します。この作業を怠ると後々のカパラグリップの剥離の原因となります。
【2】油分を含んだ洗剤をスクイジーで根こそぎ除去します。
【3】鉄板が乾いたら、まずはカパラグリップの密着を良くするために専用のエポキシ樹脂をローラーで塗布します。
【4】この作業も怠ると、後々のカパラグリップの剥離の原因となりますので入念に塗布します。
【5】エポキシ樹脂が乾くのを待つ間に周辺の養生を行います。
【6】並行して、必要量のカパラグリップを用意しておきます。
【7】天気・気温・湿度によってカパラグリップの粘度の微調整が必要となります。この回の練り物?は、すこし固くて塗り難いようでした。
【8】今回の敷き鉄板は、22mm×1524mm×6096mmと大きさも厚さも大型のものになります。
【9】職人さんは、塗り難いのにも滅気ず、グイグイ進めて行きます。
【10】 熟練の職人さんが純粋にカパラグリップを、1524mm×6096mm に 「塗工」するに掛かる時間は、概ね10分くらいでした。

新規加盟店さんの実技研修開催2

新規加盟店さんの実技研修開催の模様をお知らせするのは、前回4/16以来となりますが、この間も続々と新規加盟店さんは増え続け研修も随時開催されていました。
通常通りの進行で、午前中は、防滑素材の取り扱い等の講習を行い、その後カパラグリップの施工実習。昼休み後は、クリアグリップの施工実習を行います。

第8回防滑材全国販売取扱店会議★ホテルコンコルド浜松にて開催 2018年5月24日

2019年5月24日 イーモアの防滑ビジネスに取り組んでいる全国の取扱店が一同に会する「第8回防滑材全国販売取扱店会議」がイーモアの地元、ホテルコンコルド浜松にて開催されました。
冒頭、弊社代表取締役 名倉孝次のご挨拶の中で一般社団法人 日本防滑推進協会設立の発表があり今後、防滑事業の重要性、必要性を積極的にPRすると共に防滑施工技術者の研修・育成・認定を行い防滑活動を通じて安全な社会を実現し市場の整備・発展を目指し、取扱店においては、日本防滑推進協会に賛同し入会する事により営業活動におけるメリット等の説明がなされました。

株式会社イーモア 代表取締役 名倉孝次
新規加盟店の紹介の様子
全国販売取扱店会議 会場内の様子

新規取扱店さんの実技研修開催

本日は新規取扱店さんの実技研修がイーモア本部にて開催さてれいます。午前中は、防滑素材の取り扱い等の講習を行い、その後カパラグリップの施工実習を行いました。昼休み後は、クリアグリップの施工実習を行います。

事業説明会(東京会場)開催報告のお知らせ

3/6~3/8に東京ビックサイトで開催されたフランチャイズショーで多くの皆様、企業様からイーモアの防滑事業が注目された事を受け
3/15(金)防滑事業参入を検討されてる皆様向けの事業説明会を東京にて開催いたしました。
北は北海道、南は福岡県まで、広域から多くの企業様のご参加を頂きました。

第7回防滑材全国販売取扱店会議★みしまプラザホテルにて開催 2018年11月22日

2018年11月22日 イーモアの防滑ビジネスに取り組んでいる全国の加盟店が一同に会する「第7回防滑材全国販売取扱店会議」が静岡県の三島市、みしまプラザホテルにて開催されました。

冒頭の挨拶で防滑ビジネスへの熱い想いを語る弊社社長の名倉孝次

続いて新規取扱店さんのご紹介~今回の幹事である株式会社三島新聞堂のご担当から自社の施工事例と取組の発表があり、大変に有意義な内容に参加者の皆さんも熱心に聞き入りメモを取っていました。

次に各テーブルごとのグループ討論会を行い、掲げられたテーマに沿って皆さん自社の取り組みなど熱心にディスカッションされました。

各テーブルごとに、まとめられた内容の発表を行いました。同じビジネスを行う他社の意見は、とても参考になります。

約3時間に渡るグループ討論会の後、イーモアからのご案内として★新商品の発表が行われました!
HACCP(ハサップ)対応の・・・”クリアグリップ 抗菌+”

滑り止めと抗菌を一度に解決する商品として今後、食品工場、レストラン、スーパーマーケットなど衛生関連の施設で大きな需要が見込まれる商品です。
近日中に、弊社HPに詳細を掲載

そのまま第2部として懇親会に 弊社、金本の乾杯の音頭ではじまりです。

普段、顔を会わせる事のない、同じビジネスを志す者同士、弊社スタッフも交えて会話が弾みます。

最後に、今回の幹事を務められた株式会社三島新聞堂さんに弊社社長より謝辞

記念の集合写真